そもそもの話ムダ毛とは何か?

そもそも

現在の女性のファッションというのは肌を露出するスタイルが一般的ですので、肌が常に気になります。特に気になるのはムダ毛ではないでしょうか。ムダ毛というのは本来であれば意味のあるものですが、髪の毛と違って必要のない毛として嫌われています。

■ムダ毛とは何か?

体の中には150万本もの毛が生えています。その中でも髪の毛やまつ毛に関しては大切にされるわけですが、その他に生えている毛についてはムダ毛と言われているわけです。毛の存在というのは本来外の刺激から体を守るために生えているわけですが、見た目が悪かったり、不潔に見えるとなるとムダ毛を剃りたくなってきます。

髪の毛であれば頭を守るためにありますし、まつ毛であれば目を守るためにあります。ムダ毛と呼ばれる毛であっても必要なので生えているという側面があります。

■ホルモンの影響でムダ毛が増える

小学校の高学年に入ってから、男性ホルモンや女性ホルモンが活発化して、体つきがそれらしくなります。男性ホルモンであればムダ毛の発毛を促進したり、毛自体を太くする働きがあり、女性ホルモンであれば毛を薄くする働きがあり、両方のホルモンは必要です。

■ストレスが増えると男性ホルモンが多く分泌される

ストレスが増えると男性ホルモンが多く分布されますので、ムダ毛が多く生えてきたり太くなるという効果があります。女性で男性ホルモンの分泌が多くなると困ってしまう人が多いのではないでしょうか。こういう風に目立つムダ毛を気にしながらファッションを楽しむことはできませんので、エチケットのためにムダ毛を脱毛したがる人が多くなります。

■ムダ毛は必要なものだが、無駄なものは脱毛するべき

ムダ毛は体を守るために必要なものですが、無駄だなと思うものについてはエチケットのためにもC-3やキレイモのような脱毛サロンで脱毛をしたほうがファッションなどが楽しめます。それだけでなくムダ毛があるというストレスを解消することにもつながってきます。

ワキ脱毛をすればワキガは治るのか?

治るのか

人によってはワキの臭いを気にしている人というのもいるでしょう。10人に1人がワキガというデータもあり、もしかすると自覚していないという人もいます。ワキガが脱毛によって改善するという話もありますが、実際のところはどうなのでしょうか。

■ワキガの原因は

脇の下はにはアボクリン腺とエクリン腺という皮脂腺があり、これらが発達している人とそうでない人がいます。前者から分泌する汗は水分だけでなく、たんぱく質や脂質など微生物が好むような成分を放出するのに対し、後者から分泌する汗はほぼ水分のみになります。

ワキガの原因となるのは前者から分泌する汗になります。無菌状態であれば前者の場合でも無臭になりますが、時間が経過するに当たり微生物が繁殖して臭いにおいが分泌されるのです。汗をかいたとしても清潔が保つことができれば臭いは抑えられますが、ムダ毛などが合って清潔を保つことができなければワキガとしてにおいが出てきます。

■軽度のワキガであれば脱毛で改善する

ワキガの症状は5段階(0~4まで)に分かれており、経度に当たる1段階や2段階までであれば脱毛で十分ワキガが改善することがあります。どうやって判定するかというとガーゼを脇の下にしばらくはさみ、それをにおいを嗅いで判定します。2段階というのはガーゼを良く嗅げばわかるという程度です。

ちょっとだけワキガが気になるという程度であれば、積極的に脱毛をすることでそのにおいを抑えることにつながりますので、C-3やキレイモのような脱毛サロンでワキ脱毛をお願いするといいのではないでしょうか。ただし、ワキガを治療するという目的ではなく、ムダ毛を処理するという目的でいたほうがいいです。

■ワキ脱毛でワキガは改善する

ワキ脱毛によってワキガを根本的に治療するという効果はありませんが、脱毛することによってアボクリン腺から汗をかいても清潔を抑えることができますので、軽度のワキガであれば改善する効果を持ちます。

デリケートゾーンの脱毛は恥ずかしくないのか?

デリケートゾーン

脱毛サロンで脱毛を受けるというのが一般的になりつつあります。従来であれば部分を脱毛するというのが普通ですが、月謝制で施術を受けることができる脱毛サロンが出てきたこともあり、全身脱毛を行う人も増えてきています。全身脱毛の中にデリケートゾーン(VIO脱毛)が含まれていることもあります。実際にデリケートゾーンの脱毛というのはどうなのか気になってきます。

■デリケートゾーンの脱毛を行うメリット

デリケートゾーンを脱毛すrメリットというのは手入れの煩わしさから逃れられたり、快適に過ごせるというものがあります。C-3やキレイモのような脱毛サロンではデリケートゾーンの脱毛は行っています。これらの箇所は自己処理がやりづらい箇所になりますので、意外と需要があります。

■勇気を持つことが必要

デリケートゾーンを脱毛するメリットはよくわかるのですが、デメリットと言えば何といっても恥ずかしいことではないでしょうか。確かにデリケートゾーンの脱毛をやってもらいたいなあと思っていても、恥ずかしさに負けてしまうために、最終的にやらないという結果になります。

恥ずかしさに負けずに勇気をもって脱毛をしてもらえばメリットを享受することが可能ですので、勇気を持つということが何よりも必要です。恥ずかしくないように配慮してくれますので安心して施術を受けてください。

■脱毛をする時は痛いのか?

デリケートゾーンを脱毛するデメリットのもう一つは痛いのではないかということです。毛が濃い人や色素が黒い人は痛さを感じる可能性がありますので、そういう人に対しては光の出力を弱めたり、麻酔薬を使用するなどの対策を取ります。

■恥ずかしくないように配慮してくれる

デリケートゾーンの脱毛はメリットが多いと感じているわけですが、恥ずかしいという気持ちが抜けないために迷ってしまいます。脱毛をやりたいのであれば勇気をもってC-3やキレイモのようなデリケートゾーンの脱毛を行っている脱毛サロンに通うといいでしょう。

Copyright(c) 2010 xxx All Rights Reserved.